インフラエンジニア×フリーランスで現代を生きる20代旅人のサイト

旅と音楽と酒が大好きな20代仕事人間が主に仕事とお金と旅に関することを発信するブログです

MENU

しがないサラリーマンが副業を始めて、気付いたら1年が経ちました

 こんにちは!

 

今現在私はサラリーマンをやりつつ副業でWebライティングの仕事をして生活しているのですが、気が付けば1年経ちました。

 

いろいろと楽しいこともあれば腹が立つこともありましたが、そもそも継続できないということで悩んでいる人も少なくないようです。

 

今回は、私事ではありますが実際に1年間継続できた私が思う継続に必要なマインドやコツについて紹介します。

 

今回の記事はこんな方にオススメです。

 

  • 副業が続かない
  • 副業したいと思っている
  • サラリーマンだけの生活に飽きてきた

 

 

副業をしている会社員の割合

f:id:Roxanne529:20210627141035j:plain

 

日本における会社員の副業については、さまざまな会社が調査を行っていますが、大体15%前後という結果が出ています。

 

まだまだ会社員の副業人口は少なく、少数派と言えます。

 

しかし、現在は副業をしていないが将来的には副業をしたいと考えている人は50%を超えます。

 

つまり、潜在的に副業をしたいと考えている人は多いのです。

 

にも拘わらず、なかなか両立ができずに副業に着手できていないという方が大半というのが伺えますね。

 

サラリーマンと副業(フリーランス)の両立のコツ

f:id:Roxanne529:20210620194010j:plain

 

では、ここからは実際1年続けてみた私が思う両立のコツについてお話します。

 

嫌なことはやらない、やりたいことを仕事にする

基本嫌だなと思うことはやらないようにしましょう。

 

せっかくサラリーマンとして安定した収入があるので、嫌なことをやらなくてもすぐにお金に困る訳ではないはずです。

 

そのメリットを存分に活かして、嫌だと思うことはやらないべきです。

 

嫌だと思うことを無理やりやると、やる気がなくなり短期で副業を辞めてしまう原因になります。

 

本業に労働時間が短く疲れない仕事を選ぶ

こちらは本業の方をですが、労働時間が短くて疲れない仕事を選ぶことがコツです。

 

私は元々残業時間が150時間にもなる会社で働いていましたが、その頃は時間を空けること自体不可能で副業どころではありませんでした。

 

現在では転職して、多くても残業30時間の職場に変わったので副業にも余裕をもって時間を充てることができています。

 

出来るだけ、定時で終われるように本業を頑張りましょう。

 

ある程度の過重労働を受け入れる

両立させようとすると、どうしても比較的他人よりは過重労働になります。

 

私の場合は、もう過重労働になってしまうのはしょうがない、むしろ自分の好きなことなのだからやりまくろうという精神で副業をしていました。

 

この意見に関しては、他の記事では仕事を受けすぎてしまってパンクしないように注意しようという意見も多いのですが、個人的には過重労働なんのその!!の勢いで仕事をするのも大事だと思います。

 

もちろん睡眠時間を削ってまでするのは良くないので、そこは自分の体と相談して決めましょう。

 

サラリーマンと両立するなら、本気になれる副業をやろう!

f:id:Roxanne529:20210328222750j:plain

サラリーマンで副業をやりたい!と思っている方はせっかくサラリーマンという安定収入があるので思い切って儲け度外視で好きなことを副業にしましょう!

 

私の周りで多いのは、儲かるからという理由でフリーランスエンジニアを目指してプログラミングスクールに入ったは良いものの、うまく稼げず挫折してしまう人です。

 

結局儲かる仕事であっても楽しめなければ疲弊する一方ですし、努力は夢中でやっている人には勝てません。

 

なので周りを気にせず、やりたいことを副業にすることが知らない間に稼ぎに繋がるコツです。

 

あなたが本当に好きなのは何なのか、もう一度問いただしてみて自分に合った副業を探してみてください。