貧乏だけど楽しくリア充に生きる大学生ロクサーヌのブログ

旅と音楽が大好きな大学生ががむしゃらに経験したことを発信していくブログです

とある大学生の1人北欧旅行記 ~ロヴァニエミからイナリ編~

 どうもこんにちは~、ロクサーヌです^^

 では

とある大学生の北欧旅行記 ~ロヴァニエミ編~ - 「楽しい!」を考える

から続き、ロヴァニエミからイナリへ移動する訳なんですが、書いていこうと思います。

 

・ロヴァニエミ~イナリへの移動

 まずイナリって、美味しそうな名前なんですが(笑) どこかと言いますと、

f:id:Roxanne529:20180724140334j:plain

 この辺りになります。

 いやもうフィンランドの北も北に位置していますね

 

f:id:Roxanne529:20180723164814j:plain

 無事朝は起きれました。

f:id:Roxanne529:20180723165105j:plain

 villa virpi の外観はこんな感じだったんです、結構綺麗でしょう?

 さらば~!!

 で早速バスへ乗りに行きましょう。

 ロヴァニエミ駅のすぐ近くにバスターミナルがあるので、そちらでバスを待ちます。

 

f:id:Roxanne529:20180724174624j:plain

 ターミナルは行き先に応じて5つありましたが、イナリ方面へはバスステーション3番でした。

 乗り方は、その場で運賃を払うこともできますし、Matkahuoltoのホームページ

https://www.matkahuolto.fi/en/

で前もって購入しておくこともできるそうです。

 このサイトは料金や時間、そしてバスにはトイレ付なのか、Wi-Fiは付いているのか等も表示されるので、重宝することをオススメします。

 ただ英語が読めない人にはちょっと使いづらいかもですが……………(笑)

 私は観光の繫盛期でも無いですし、もともと人が少ない場所なので、チケットはその場でバスの運転手から買いました。

 ちなみにその場で運賃を払う場合も、クレジットカードは使用できます!!

 Eskerisen社のバスであれば、直通でInariまで行ってくれるので、そのバスを使用することをオススメします。

 料金はRovaniemi~Inariで60,1€(約7810円)ですが、学生の場合は3割引きで乗れる(つまりこの場合約5467円になる)ので、国際学生証を学生の方は用意しておきましょうね^^

 

f:id:Roxanne529:20180724181428j:plain

 バスはこんな感じ。

 もし本当に目的地に行くのか不安であれば、「Do this bus go to Inari?」とでも聞けばちゃんと答えてくれますよ^^

 で、私は運転手にクレジットカードで料金を支払い、バスに乗り込みました。

 バス自体は日本の観光バスとほぼ同じような感じでした。隣に誰も乗っていなかったですし、乗り心地は全く問題なく、快適でした!

f:id:Roxanne529:20180724182322j:plain

大自然が続きますねぇ~

 

f:id:Roxanne529:20180724182354j:plain

 

 そんなこんなで第一の休憩地点に到着!

f:id:Roxanne529:20180724182532j:plain

 

 こちら一旦Sodankyla(ソダキュラ)と言う場所のバスターミナルで約20分程の休憩となります。

 

f:id:Roxanne529:20180724182734j:plain

 中はこんな感じでちょっとしたカフェスペースとなっています。

 軽くお菓子や飲み物は買えるようになってました。日本の小さなサービスエリアみたいな感じです。

 でちょっと外の空気を吸ったりして、再度出発!!

 

f:id:Roxanne529:20180724182907j:plain

 ずっとこんな感じ

f:id:Roxanne529:20180724183153j:plain

 おお、ちょっと晴れてきたか!?

 と第二の休憩地の到着!

 

f:id:Roxanne529:20180725234221j:plain

 第二休憩地はIvalo(イヴァロ)になります。

 イヴァロはそれなりに大きな町で、サウナや食事する店もチラホラありました。

 ここでも20分程休憩しました。

 でまた出発です。

 

f:id:Roxanne529:20180728235156j:plain

 いや~晴れてていいな~

・イナリ

 とそうこうしているうちに

f:id:Roxanne529:20180729005039j:plain

 イナリの宿の方へ到着しました!!

 イナリではHoliday Village Inariと言うホテルに泊まることにしました。

 こちらのホテルの概要としては

 ・料金:約8700円

 ・有料のサウナ付

 ・Wi-Fi付き

 ・離れのコテージ

 ・トイレ付

 となっています。

 正直高かったのですが、これでもイナリでは一番安い方でした。

 まぁ割と贅沢に時間を使って楽しむような田舎の地なので、ホテルは割高ですね。

f:id:Roxanne529:20180729005933j:plain

f:id:Roxanne529:20180729005912j:plain

 宿はこんな感じです。

 まぁ一人で広々と使えて、周りに灯りもほとんど無いので、オーロラ見るには良さげなコテージでした。

 せっかくラップランドの田舎に来たので、やっぱりトナカイ食べてみたいな~と言うことで、トナカイを食べれるイナリのお店に行きました。あ、ところで「ラップランドってどこ?」っていう人のために簡単に説明しておきますと、

f:id:Roxanne529:20180729220555j:plain

 上記画像のように、フィンランドの北の方の地域がラップランドです。

 フィンランドには先住民の「サーミ」と呼ばれる人々が住んでいて、ラップランドはその人たちの地であるみたいです。

 サーミEU諸国で唯一土着の民族だそうです。

 で話を戻しまして、トナカイ食べに行きました!!

f:id:Roxanne529:20180729221621j:plain

 こちらイナリ・オーロラ・リゾートと言うホテル内にあるレストランです。

 左手にはイナリ湖を眺めることができてなかなか感じの良いホテルでしたよ~。

 将来恋人と一緒に行きたいと思えます(笑)

f:id:Roxanne529:20180729222308j:plain

 こちらが窓の眺めで、

 

f:id:Roxanne529:20180729222340j:plain

 こちらが料理です。こちらなんと、日本円にして5500円!

 高いなぁ~……………

 そして料理ですがなんでしょう、フィンランドの料理って全て体に良い味がするんですよね。結構薄味で、でも素材本来を味が生かされていました。

 トナカイのお肉は臭みも無くてとても美味しかったです! タンパク質分がとても多く、噛み応えがありました。

 この後はもう特にする予定も無かったので、イナリを散歩していました。

f:id:Roxanne529:20180729223835j:plain

f:id:Roxanne529:20180729223841j:plain

 

f:id:Roxanne529:20180729223844j:plain

 イナリ湖、でかいですよね~。夕日が綺麗ですね~。

 これ湖なんですけど、ちゃんと波があるんですよ。少し湖の水を舐めてみましたが、本当に真水みたいでした。

 それとこの湖、一年の内7か月は凍っているとのこと。

 5,6,7,8,9,10月以外は終日氷点下の気温になってくるそうなので、そんなもんなんでしょうね。

 夜少し小腹が空いたので、

f:id:Roxanne529:20180729224909j:plain

 ソーセージを焼いて食べました。

 フィンランドのスーパーマーケットではソーセージ、ヨーグルト、チーズ辺りはとても充実していました。 ソーセージが本当に種類豊富で美味しそうだったので思わず買ってしまいました(笑)

 今日は、こんな感じで一日が終わりました。

 

・おわりに

 今日はこんな感じでのんびりと移動、そしてフィンランドの田舎を満喫しました。こういうゆったりした旅も悪くないな~と思った一日でした。基本旅行って言うと日本だと忙しなく「あれいこう!これいこう!あれ!あれ!」と動き回っていることも多いのですが、のんびりしているのも本当にそれはそれでよかったです。

 明日はイナリで山登りをします! 本当はイナリ湖の遊覧船に乗りたかったのですが、日曜日でお休みだったので山登りに切り替えました。

 じゃあまた次の記事も是非読んでくださいね^^

 バイバーイ(@^^)/~~~