貧乏だけど楽しくリア充に生きる大学生ロクサーヌのブログ

旅と音楽が大好きな大学生ががむしゃらに経験したことを発信していくブログです

インド、アライバルビザでの落とし穴

 どうもこんにちはーロクサーヌです^^


 
 通常インド入国には厳しい審査のあるビザが必要になりますが、日本人の場合はアライバルビザがデリーやチェンナイ等の大都市の空港では許されています。
 
 とても便利ではありますが、そのアライバルビザのせいで私は30分ほど出国の際に手間取ってしまいました。
 
 と言うのも、アライバルビザは有効期限は手書きでかかれます。
 
 私の場合その有効期限の年度を入国の際間違われて一年短く、つまり入国の際の日時より早めに書かれてしまってました。

 

 つまり具体的には、私は2018年11月に入国し、有効期限は2019年の1月までだったのに2018年の1月になっていたんです。入国の際には気づかなかったんですよねぇ………

 

 そのせいで出国の際に航空会社の人から「へい、あなたのビザおかしくない?このままでは通せないわよ」ってなったわけです。

 

 まぁ向こう側もインドのイミグレーションが間違っているのは明らかに分かってくれたので、イミグレーションに私のパスポートを持って確認へ言ってくれました。

 

 30分ほどしたら「イミグレーションに訂正してもらえたよ」といって帰ってきました。

 

 その後は普通に手続きが済み、チケットが発行されました。

 

 今回の様なケースはレアケースでしょうが、本当に海外旅行はどこに落とし穴があるかわからないなーって思いました。

 

 インドでのアライバルビザを考えている方、気を付けましょう!!

 

 ちゃんと有効期限確認してね👌

 

 私が利用した空港はインドのチェンナイ空港です。

 

 ではでは、バイバーイ(⌒0⌒)/~~