インフラエンジニア×フリーランスで現代を生きる20代旅人のサイト

旅と音楽と酒が大好きな20代仕事人間が主に仕事とお金と旅に関することを発信するブログです

MENU

コロナウイルスの影響で外国人の恋人に会えなくなって1年以上が経ちました

こんにちは!

 

今回は、恋愛系の記事になります。

 

タイトルの通りですが、コロナの影響で外国にいる恋人に会えなくなって1年が経った件についてお話します。

 

同じような思いをしている人に、読んでもらえたらと思います。

 

今回はの記事はこんな方におすすめ!

 

 

私について(主に今の恋人とのこと)

f:id:Roxanne529:20210314121825j:plain

 

私は現在日本でIT機器メーカーに勤める24歳です。

 

今付き合っている彼女とは大学時代に大阪で知り合い、私が東京で働いている間は東京大阪間の遠距離恋愛も1年経験しました。

 

今現在彼女は母国の韓国にいるのですが、コロナウイルスの影響で彼女の韓国滞在が1年以上伸びています。

 

そのため、彼女と1年以上会えていない日々を過ごしています。

 

最後に恋人に会えた2020年2月の出来事

f:id:Roxanne529:20210314123235j:plain

最後に会えたのは、2020年の2月です。

 

この時私は東京で働いていて、彼女は韓国にいたのですが私が仕事で4連休を作って韓国まで会いに行きました。

 

この頃は、コロナウイルスがちょっと話題にはなっていましたがまだ飛行機は問題なく飛んでいました。

 

行ってみると、面白かったのは彼女が丁度母国の友達と遊んでいた時に行ったので、一緒に彼女の友達とも遊ぶことになったことです。

 

韓国のカラオケ店

 

f:id:Roxanne529:20210314124025j:plain

 

彼女の友達も含め5人でカラオケに行きました。 

 

画像は韓国でのカラオケ内部の画像なのですが、結構日本の昭和的な雰囲気で、カラオケの機器もひと昔前のものでした。

 

カラオケは日本が発祥ですし、ちょっと遅れて韓国に輸出されているのかもしれません。

 

その後は、5人で夕飯を食べて解散となりました。

 

f:id:Roxanne529:20210314131928j:plain

 

韓国はとにかく食べ物が辛いです(笑)

 

画像の韓国鍋がカラオケ行った後の夕飯ですが超絶辛かった><でも美味しかったです。

 

仁寺洞(インサドン)のナクチ・ポックムが食べられるお店にて

 

f:id:Roxanne529:20210314150930j:plain

 

二日目は韓国ソウルのインサドンのナクチ・ポックムが食べられるお店でご飯を食べました。

 

ナクチ・ポックムというのはタコの炒め物で、辛みが効いていて美味しかったです。

 

ナクチというのが、タコを意味するそうですね。

 

仁寺洞(インサドン)の喫茶店にて

f:id:Roxanne529:20210314151350j:plain

仁寺洞(インサドン)は実はお茶が有名で、僕たちカップルもお茶が好きでしたので寄りました。

 

インサドンの伝統茶は、ソウルナビなど他でも多く取り上げられています。

 

値段は、お茶一杯で8000ウォン(約800円)ぐらいでした。

 

安くは無いですが、仁寺洞(インサドン)を訪れた時にはおすすめです。

 

仁寺洞の伝統茶 | ソウルナビ

 

 

コロナウイルスFuck! 今はまた恋人会える日を楽しみに仕事に励んでいきます

f:id:Roxanne529:20210314151739j:plain

 

 やっぱり恋人に長期間会えないのは会えないのは寂しいものです。

 

個人的にはコロナウイルスまじFuck!って思ってますが、IT業界にいると意外と景気の良い話を多く聞くので温度差を感じています。

 

今のところは仕事は順調だと思っているので、寂しさ紛れのためにも仕事に打ち込もうと思います。

 

皆さんの日常には、どんなコロナウイルスによる影響が出てますか?

 

ではではm(__)m