外資系ブラック企業に勤める港区男子のブログ

旅と音楽が大好きな港区男子ががむしゃらに経験したことを発信していくブログです

新規事業立ち上げの成功に必要なのは、"やり切る力"

 どうもこんにちは!

 今回は私がとある会社に2019年4月に新卒入ってから1年目で新規事業を任されてから、その事業が安定するまでのことを紹介しようと思います。

 1年目から規模の小さなベンチャー企業に入ろうとしている方、新規事業を立ち上げて成果を出そうとしている方、任されてしまった方必見です♪

 私が辿った軌跡を参考にして、こういう人もいるんだなと思っていただければ幸いです。

 

 

 

・立ち上げから安定までの軌跡

 

・立ち上げ期(2019年4月)

 

f:id:Roxanne529:20200628142134j:plain

 

 私はとあるIT業界の外資系の企業に新卒で23歳の際に入りました。

 その頃は新規事業の立案などは考えていなかったのですが、私が入った部署がたまたま超窓際部署でしたww

 本当に仕事内容としては、やることがないから適当にテレアポをさせられるだとか、そういった市場価値にならないような雑務が多い部署でした。

 このままでは今後のキャリアにヒビが入ると思い、上司に相談したところ、会社の強みを生かした事業を立ち上げてやってみるのが良いんじゃないかという結論にいたりました。

 実際にそういう窓際部署で少人数だっただからこそ、提言したらやらせてもらえる環境ではあったので、会社の強みとしてエンジニアの技術力と、採用コンサルタントとしてのノウハウに強みがあったことを生かして求人広告運用をやってみませんかと提言したら、すんなり受け入れられました。

 そういう流れもあり、本当は新規事業をやりたい訳では無かったのですが、あまりにも仕事が面白くなかったので上司と二人で立ち上げることになりました。

 

・事業開始してからの1ヶ月間

 

f:id:Roxanne529:20200628155248j:plain

 

 この時期が自分的には一番辛かったですね、、、

 良く言いますよね、最初の立ち上げの時期が大変って。

 最初お客さんもいなかったので自分で開拓しないといけませんでした。

 なので立ち上げ時は他の部署の既存のお客さんに声を掛けさせていただいたり、自分でガンガンテレアポをかけまくっていました。

 私は媒体側とパートナー契約を結んでバックマージンをもらっていたりしていたので、手数料はお客さんから取ることなく事業をすることができました。

 そして昨今のWeb広告市場の市況が伸びていることもあり他のWeb商材のSEOやリスティング等に比べると少々売りやすかったと言えば売りやすかったのかなと今思えば思います。

 ただ実績も何もない身ではあったので門前払いされることも多く、精神的にはつらい日々を過ごした時期になります。

 テレアポの経験等を経た人は、良く分かるのではと思います。

 

・事業立ち上げから開始1ヶ月目~4か月目

 

f:id:Roxanne529:20200628160808j:plain



 事業立ち上げから一か月程でお客さんが付きました。

 この時はもう涙が出るくらいそのお客さんに感謝したのを覚えています(笑)

 月12万円の契約でとても少額でしたが、ようやく実績を出すことができたので非常に嬉しかったです。

 ただ大変なのはここからで、上司と私、そして普段は他の仕事を行っているエンジニアの方以外はこの時立ち上げた新規事業に携わってはいなかったのです。

 つまり取ってきた仕事をやってくれるような事務の人とかは一切いませんでした。

 なので自分で取ってきた仕事をしなくてはならなかったのでお客さんが増えれば増えるほど仕事量は増えていきました。

 このころは一日16時間勤務とかはザラにありましたねww。

 

・事業立ち上げから4ヶ月目~8か月目

 

 

 事業を継続して4ヶ月が経つ頃、お客様は約5社程になっていました。

 我ながらなんとか大きくしていけているな~と感じている頃でした。

 そんな時会社側も私のやっている事業に将来性を感じて下さったのか私の広告運用事業用の営業部隊を創設してくれました。

 ここからは営業は営業部隊に人に任せ、私は広告運用に専念することができました。

 また部署内でもポテンシャルのある事業だと判断され、事務員やエンジニアの方々にも協力いただけるようになってきました。

 こうなってからは事業も急拡大していきましたこともあり、楽しくはなっていきましたね。

 この頃は勤務時間も1日13時間くらいで済む日も増えていきまして、立ち上げ初期よりは時間にも余裕がでてきました。

 とはいえブラッキーな働き方をしていたことには変わりないのですけどね(笑)

 

・事業立ち上げから8か月目~12か月目

f:id:Roxanne529:20200628160652j:plain

 

 

 事業継続してから8ヵ月が経つ頃には、事業は急拡大し、お客様も60社近くになっていました。

 やはり営業してくれる人がいるとどんどんお客様も増えていきますね!

 ただこの頃は流石に一人でお客様のアカウントを見切るのは無理だったので、広告運用担当者をもう一人増やしました。

 事業自体は業界でも売上が上位2割の地位に組み込むほど順調に進んでいったのですが、自分の目の届かない所でミスが起きていたりも増えてきましたので、この頃はマネジメントに課題が出てきた時期ではございます。

 とは言え、順調に伸ばしていけて、大きな結果も残すことができていたので本当に楽しかったですね。

 

・新規事業立ち上げ12か月目~現在まで

 

 この頃、現在もですが、皆で大きな半年で売り上げが2億4000万円という目標に向かってチーム一丸となって仕事に取り組めております。

 というのも、その売り上げ目標に達するととあるパートナーを結んでいる求人掲載サイトの運営会社から大幅はインセンティブがもらえるという事情があるからです。

 そのインセンティブのため、又その売り上げ目標を達成は世界最速であることを認識していましたので、その実績のために皆が奮闘している時期です。

 まぁ、もう達成することはほぼ確定なので、もう次達成した後にどうするかということも考えていますがw

 

・おわりに

 

 以上で、私が新規事業立ち上げからその事業を急拡大させ、そして大規模事業への発展に成功した軌跡をご紹介致しました。

 私が今振り返って思うに、新規事業を成功させるために必要なのは"やり切る力"これに尽きるかなと考えています。

 安定した事業では無いので正直結果はすぐにでなくてこれには辛いものがありました。

 そして私のようなペーペーだと周りから『お前にそんなことできんのか』みたいな目で見られることも少なくなかったです。

 なので普通に仕事をしているよりは圧倒的に辛いかなと思うのですが、その中でもやり切ろうと思えて実際に行動しやり切る力が必要です。

 新規事業は失うものがない分、あきらめなければどこかで事業は大きく跳ね上がることはありますので、それまでやり切れるかが本当に大切です。

 ただ、やり切った後には大きな達成感と会社によっては新しい事業を確立してくれた見返りとして給料を大幅にアップしてくれたりするかもしれないので、覚悟がある人は新規事業の立ち上げに挑戦してみても良いのではと思います。

 

 ではでは、バイバーイ(@^^)/~~~