外資系ブラック企業に勤める港区男子のブログ

旅と音楽が大好きな港区男子ががむしゃらに経験したことを発信していくブログです

大学生のうちに留年や休学をせずに世界一周をしたいなら法学部が最適!

どうもこんにちは!

 社会人になったらあんまり時間もないし、、、、、大学生の間に世界一周して世界にある色々なものを見てみたい、食べてみたい!等と思っている方は多いのではないでしょうか?

 でもそのためにはお金もかかりますし、大学生だって2ヶ月くらいしか休みは無いから無理と思っていませんか?

 そう思っている方には実は法学部はかなりおすすめです!

 なぜ一見関係の無いように見えて法学部がオススメなのか、その理由を紹介します! 

 

 

 

・卒論がない

f:id:Roxanne529:20200531005602j:plain

 

実は法学部には卒論が無いことが多いです!

卒論がないということは、三年生までに単位を取り終えてしまえば四年生の間はなにもしなくても卒業できるということになります。

そうすれば、最後の四年生の時期に一年くらいかけて世界一周することも、可能ですよね。

3年生の前期の間で取り切ってしまうことも可能なので、そうすれば1年以上世界一周の期間に充てることも可能です。

 

・学費が安い

f:id:Roxanne529:20190216000240j:plain

 

 

法学部は文系なので理系に比べると学費が安いことが大半です。

大学の学費にそこまでお金はかからないので、その分世界一周のためにお金を使うことが可能になります。

大体私立だと

 

理系:約130万円

文系:約80万円

 

国公立大学だと

 

理系国立共:約55万円

 

という風に、私立の場合文系の方が50万円も年間で安くなります。

年間50万円ということは4年間で200万円の差になりますので、200万円もあれば1年間世界一周するための費用としては申し分ない額になります。

 

・稼ぐ時間を捻出しやすい

f:id:Roxanne529:20190403181254j:plain

 

法学部の場合、成績に出席点はほぼ無いことがほとんどです。

出席点が無いので、テストの点数一発で決められます。

なので普段から自学自習をしていたら単位を取ることができるので、授業を出る時間をアルバイト等して、お金を稼ぐ時間にいれることもできますよね。

自己管理能力が高く、授業に出なくても自習できるひとであればそのようにすればアルバイトでがっつり稼いだとしても、単位を落とす心配はありません!

私は大学2年生からはほとんど大学には行っていなかったですが(出席率10%くらい笑)、単位は落とさずに3年生の後期で取り終えることができました。

 

・終わりに

 

いかがでしたか?

今回は私が大学生の間に世界一周を成し遂げた経緯からこちらの記事を書かせていただきました。

海外に興味のある高校生は、これからの進路選びとして法学部を選んでみるのも良いかと思いますよ?

 

それでは、バイバーイ♪